オーガニックシャンプーのおすすめする選び方のポイント

・”オーガニックシャンプー”とは何か
オーガニックシャンプーってなんとなく良さそうなイメージを持っている人は少なくないんじゃないでしょうか。肌にやさしい?化学物質を含んでいない?自然派?
近年注目を集める”オーガニック”ってそもそも何なのか知っていますか?
オーガニックとは元々は農業で使われる言葉で”有機”という意味です。栽培の過程で農薬や化学肥料を使わず、添加物も含まない、遺伝子組み換えを行っていないものを指します。これによって作られたシャンプーをオーガニックシャンプーと言います。
洗浄成分にも無添加なものを使っており、髪や肌にやさしい上に、地球規模で見てもやさしいシャンプーだと言えるのです。

 

洗浄成分…シャンプーや洗顔料などに含まれる洗浄効果のある成分のこと。
無添加…着色料、防腐剤などを含まないもののこと。

 

ただ明確な規定などが定められていない為、オーガニック成分が1種類でも使われていれば良かったり、化学成分が含まれていたとしても「オーガニック」と表記することが出来てしまいます。メーカーごとでもその判断にバラつきがあるので、オーガニックシャンプーでないものにも「オーガニック」と表記される場合があります。
また、これらのことから注意すべきなのは、「美しい髪にするシャンプー」と「化学成分を極力使っていないシャンプー」がイコールではないことです。

 

・オーガニックシャンプーのメリットとデメリット
先ほど説明したように、オーガニックシャンプーに明確な規定が無い為、”オーガニックシャンプー”と括られているもの全体についてを書きます。

 

◎オーガニックシャンプーのメリット
*低刺激かつ、洗浄成分にも化学成分が含まれないので、頭皮のトラブルが起きにくい。
*洗浄成分が天然の成分だけで作られているものは自然に還る(=エコに繋がる)ため、環境に優しい。
*髪の保湿、補修効果のある天然成分を含んでいる。

 

◎オーガニックシャンプーのデメリット
*アレルギーの可能性がある(美容師さん曰く、実際にオーガニックシャンプーによってアレルギーが出たという話はないが、可能性として)
*植物類の成分を含むため、植物特有のニオイがする。柑橘系やメントールなどが苦手な人は注意が必要。
*良質な天然成分が含まれていることはそれだけコストがかかる為、商品価格が上がる。

 

・オーガニックシャンプーの選び方のまとめ
デメリットとしたニオイは人の好みによってメリットにも成りえますが、ニオイのあるものが苦手だという人であれば気を付けた方がいいかもしれません。
また、既に少し触れましたが、オーガニックシャンプーだからと言って必ずしも良いとは言い切れません。自分の肌、髪に合うシャンプーを使うことが大切です。
購入する前に成分表示を確認する、特に洗浄成分はよく確認しましょう。